検索 詳細検索
 

ホーム > 編集部のおすすめ

編集部のおすすめ

1~7件を表示(全40件) 1| 2| 3| 4| 5| 6次のページ >

御文章ひらがな版を読む
電子書籍あり
御文章ひらがな版を読む

天岸淨圓

¥1,944

毎日のおつとめなどで拝読され、親しまれている蓮如上人のお手紙『御文章』。本書は、蓮如上人500回遠忌を機に制定された『御文章 ひらがな版』をもとに、大意・語註を配して、詳しくわかりやすく解説しています。蓮如上人が生涯をかけて説きつづけられた、「信心正因・称名報恩」のこころを、今一度じっくりと。

詳細へ

浄土三部経(文庫版)
浄土三部経(文庫版)

浄土真宗本願寺派総合研究所/佐々木惠精(解説)

¥972

浄土真宗正依の経典である『仏説無量寿経』『仏説観無量寿経』『仏説阿弥陀経』をあわせて「浄土三部経」とよびます。文庫サイズの本書は、原文(書き下し文)と現代語訳を併記し、とても理解しやすくなっています。佐々木惠精師による解説や訳註など、付録も充実。親鸞聖人が受け止められた、み教えの真髄をぜひ。

詳細へ

白き蓮華のひらく刻
白き蓮華のひらく刻

森田真円

¥1,296

本願寺派勧学 森田真円和上が、京都女子大学の仏教新聞『芬陀利華』に連載した原稿をまとめた法話集。仏教にはじめて触れる大学生に向けて書かれているので、老若男女を問わず、わかりやすいと好評です。「春風の刻」「新緑の刻」「朱夏の刻」「白秋の刻」「玄冬の刻」の五章からなり、季節感のある法話が味わえます。

詳細へ

なるほど浄土真宗
なるほど浄土真宗

佐々木義英

¥1,080

「本願寺新報」紙上に「What’s 勤行聖典」と題し『日常勤行聖典』の解説として掲載した文章を、整理・編集し単行本化。「聖典とは何か」「おつとめの意味」「聖典に説かれている内容」といった幅広い観点から、浄土真宗で必要な基本的な知識を専門用語を使わず平易に解説した入門書。

詳細へ

あの日からいま、そしてこれから
電子書籍あり
あの日からいま、そしてこれから
東日本大震災・熊本地震

本願寺出版社

¥162

震災によって多くのいのちが失われ、今なおたくさんの人が苦しみや悲しみの中にあります。時間の経過とともに情報が少なくなり、その記憶が風化していくことが懸念されます。一人でも多くの人に読んでいただき、改めて、被災地の現状や復興への取り組みを続けている人の姿に目を向けてもらいたいと思います。

詳細へ

書いて味わう阿弥陀経
書いて味わう阿弥陀経

山本慧(筆)/真名子晃征(解説)

¥864

筆で字を書くのは、目で読むより耳で聴くより、ずっと時間がかかります。書いている間、書いているその言葉をその文を、何度も何度も味わえます。阿弥陀経を書くことで、ゆっくりと極楽浄土のすばらしさを味わい、そして必ずその世界へ導くと誓われた救いの有り難さに思い至ることでしょう。

詳細へ

教行信証のことば
教行信証のことば
やさしい法話

浄土真宗本願寺派総合研究所

¥648

親鸞聖人の主著『顕浄土真実教行証文類(教行信証)』からの言葉をテーマに、浄土真宗本願寺派総合研究所の研究員がそれぞれ日々学び味わっていることを綴った法話集。比較的若手の研究員が中心になっていて、瑞々しい感性にあふれる一冊です。ぜひご一読を。

詳細へ

1~7件を表示(全40件) 1| 2| 3| 4| 5| 6次のページ >