検索 詳細検索
 
 
 
お知らせ

『月々のことば(2021年版)』誤記のお詫びと訂正について

詳しくはこちら

『聖典セミナー 浄土三部経1 無量寿経』価格改定のお知らせ

詳しくはこちら

『聖典セミナー 浄土三部経3 阿弥陀経』価格改定のお知らせ

詳しくはこちら

ビニール袋・紙袋 有料化のお知らせ

詳しくはこちら

総合図書目録 本願寺出版社 総合図書目録を お送りいたします。(無料)

本願寺出版社の本は、電話・FAX・書店でもお求めいただけます。

詳しくはこちら

休業日のご案内

2020年10月休業日

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2020年11月休業日

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ブックセンターのご案内

ホーム > 編集部のおすすめ

編集部のおすすめ

1~7件を表示(全70件) 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10次のページ >

浄土の哲学
浄土の哲学
高僧和讃を読む・上

大峯顯

¥3,080

「三帖和讃講義シリーズ」全6巻の初巻。哲学者であり俳人であった著者は、晩年、近代の人間中心主義や科学万能思想と対峙しながら、円熟した世界観のなかで仏教をダイナミックに語りました。その新たな詩的言語が宇宙にこだます姿は、親鸞聖人が讃えられた念仏の世界を彷彿とさせます。
(2020年10月)

詳細へ

歎異抄はじめました
歎異抄はじめました
親鸞聖人から届いたメッセージ

釈徹宗・大平光代

¥1,540

心血注いでいた職を辞し失意の中にいた時、心に浮かんだのは『歎異抄』の一節だったと語る大平光代氏。『歎異抄』には絶体絶命の時に浮上する言葉が並んでいる、と応じる釈徹宗氏。いま現在を懸命に生きる一人ひとりに、なぜ『歎異抄』は響き続けているのか。それぞれの視点からフォーカスしていきます。
(2020年9月)

詳細へ

新・仏事のイロハ
電子書籍あり
新・仏事のイロハ

末本弘然

¥660

8月、お盆の季節です。この時期になると、仏壇のお飾りや作法など、いろいろなことが気になってくる人も多いのではないでしょうか。そんな時に、ぜひこの一冊。みなさんの疑問に熱血住職がピタリと答える、本願寺出版社定番のロングヒット書籍です。
(2020年8月)

詳細へ

医療文化と仏教文化
医療文化と仏教文化

田畑正久

¥660

現役の医師である著者は、仏教と医療は生老病死の四苦を共通の課題としていながらも、日本の医療現場では「死」を遠ざけて見ないようにしているのではないかと指摘しています。共通の課題だからこそ、医療が抱える問題を解決する上で、仏教の示す「生死を超える道」が必要なのではないでしょうか。「仏教文化の上で医療文化が機能していくならば、医師や看護師たちが仕事に誇りを持つことができるだけでなく、患者さんに喜ばれる場になる」と、医学と仏教の世界に身をおいて見えてきた、医療と仏教が協力していくことの重要性を語ります。
(2020年7月)

詳細へ

まんがでおまいり 西本願寺の発見
電子書籍あり
まんがでおまいり 西本願寺の発見

岡橋徹栄(作)/一ノ瀬かおる(画)

¥660

浄土真宗のご本山として、お参りや観光で親しまれている西本願寺。多くのガイドブックでも世界遺産として取り上げられておりますが、知ってほしい魅力はそこだけではございません。お参りに行ってみようか悩んでいた方も、まだご縁のなかった方も、まずは「まんがでおまいり」してみませんか?
(2020年6月)

詳細へ

正信偈を読む
電子書籍あり
正信偈を読む

霊山勝海

¥1,980

「正信偈」は、親鸞聖人が浄土真宗の真髄について述べられた歌(偈頌)です。人生論の語録である『歎異抄』、浄土真宗の集大成であり晩年の作である「三帖和讃」。これらの著述に対して、「正信偈」は主著『教行信証』のなかで「浄土三部経」と浄土教の伝統を讃えられ、また、その伝統への応答として自らの信心について語られたものです。著者の『やさしい真宗講座―み教えに生きる―』は不朽の名著として35年間、そのわかり易さから再版を続けていますが、この『正信偈を読む』は、同じように初めて学ぶ人に配慮をしながら、浄土真宗の体系のなかでその教えを明らかする充実した解説書です。
(2020年5月)

詳細へ

ひらがな真宗
ひらがな真宗

森田真円

¥770

仏教って専門用語が多くて難しいから・・・、そう思っている人にぜひこの一冊。
「二種深信(にしゅじんしん)」や「還相回向(げんそうえこう)」など、 “仏教らしい” 難語の数々を、これでもか! というほど、やさしい文章とたとえ話をもちいて解説しています。
(2020年4月)

詳細へ

1~7件を表示(全70件) 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10次のページ >