検索 詳細検索
 
 
 
お知らせ

『月々のことば(2021年版)』誤記のお詫びと訂正について

詳しくはこちら

『聖典セミナー 浄土三部経1 無量寿経』価格改定のお知らせ

詳しくはこちら

『聖典セミナー 浄土三部経3 阿弥陀経』価格改定のお知らせ

詳しくはこちら

ビニール袋・紙袋 有料化のお知らせ

詳しくはこちら

総合図書目録 本願寺出版社 総合図書目録を お送りいたします。(無料)

本願寺出版社の本は、電話・FAX・書店でもお求めいただけます。

詳しくはこちら

休業日のご案内

2020年11月休業日

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2020年12月休業日

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブックセンターのご案内

ホーム > 令和版 仏の教え

内容

 序 章 不安な時代に向き合うために
 第1章 「生きること」に悩んだときに
 第2章 亡くなった人とのつきあい方
 第3章 親鸞さまが教えてくれた生き方とは
 第4章 仏さまにおまかせして生き抜くために


念仏者がお念仏とともに生きていくということは、そのまま自分以外の誰かのために、具体的な行動をともなうということです。「誰か」とは、家族かもしれません。友人、知人、あるいは出会ったこともない人かもしれません。

「具体的な行動」とは、多くの人とのつながりを思い、相手を思いやってその時々の状況に応じて行動することです。大事なことは、ほんの些細なことであったとしても、それが阿弥陀さまのお心にかなう生き方かどうかを確かめながら、できることを具体的に考え、行動していくことでしょう。

新型コロナウイルス感染症拡大という困難な状況の中で本書が発刊されます。それが、私たち僧侶自身にとっても、そして、現代に生きる一人ひとりの方にとっても、み教えに触れる機会になり、すべての人々が心豊かに共に生きることのできる社会の実現の機縁となりますことを心から願っています。

――本書「お伝えしたいこと~序文にかえて」より

(株)幻冬舎 発行

商品詳細

令和版 仏の教え
令和版 仏の教え

著者:大谷光淳

判型
B6変形判
頁数
236ページ
定価
¥1,430(本体¥1300+税)
商品番号
1300
商品購入ページへ