検索 詳細検索
 
 
 
お知らせ

本願寺ブックセンター臨時休業のお知らせ

詳しくはこちら

棚卸実施のお知らせ(9月29日~10月1日)

詳しくはこちら

『聖典セミナー 浄土三部経1 無量寿経』価格改定のお知らせ

詳しくはこちら

『聖典セミナー 浄土三部経3 阿弥陀経』価格改定のお知らせ

詳しくはこちら

「愛唱歌」 歌詞募集について

詳しくはこちら

『本願寺音御堂2020【楽譜】』について(お知らせ)

詳しくはこちら

ビニール袋・紙袋 有料化のお知らせ

詳しくはこちら

総合図書目録 本願寺出版社 総合図書目録を お送りいたします。(無料)

本願寺出版社の本は、電話・FAX・書店でもお求めいただけます。

詳しくはこちら

休業日のご案内

2020年9月休業日

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2020年10月休業日

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブックセンターのご案内

ホーム > カウンセリング > 宗教教誨の現在と未来

詳細情報

宗教教誨の現在と未来
クリックで拡大表示

宗教教誨の現在と未来(在庫あり)

矯正・保護と宗教意識

よみ
しゅうきょうきょうかいのげんざいとみらい
シリーズ
龍谷大学社会科学研究所叢書第117巻
著者
赤池一将・石塚伸一
判型
A5判
頁数
392ページ
定価
¥3300(本体¥3000+税)
商品番号
34
  • 立ち読み
  • カートに入れる

商品説明

刑事施設で、宗教にもとめられていることとは。

受刑者の更生支援として行われる宗教教誨。
死刑に関する問題や各国の状況などを通して、専門家による最新の研究成果と提言を網羅する。

目次

はしがき

第一部 宗教意識と死刑制度
・第一章 科学の時代における宗教の役割(対談) 大谷光真/堀川恵子
・第二章 日本社会と日本人の宗教意識
・第三章 死刑と宗教教誨
・第四章 浄土真宗と死刑制度
・第五章 討論「教誨師と日本社会」

第二部 矯正保護と宗教教誨
・第一章 『教誨師』取材を通して感じたこと
・第二章 弁護士と教誨師
・第三章 新しい「処遇法」と宗教教誨
・第四章 宗教教誨と受刑者の社会復帰
・第五章 宗教教誨と心の課題
・第六章 韓国の矯正施設における被収容者に対する宗教教誨
・第七章 台湾における宗教教誨の歴史と現状
・第八章 イスラム教徒の増加とフランス刑事施設での宗教教誨