編集部のおすすめ

西本願寺への誘い〈改訂版〉

西本願寺への誘い〈改訂版〉

信仰がまもり伝えた世界文化遺産

岡村喜史
¥1,980(本体¥1,800+税)

西本願寺が誇る国宝・書院の障壁画には、宗教性は全くありません。しかし、全国各地から参拝に来る門信徒は、京都の本山に行けば日常と違う特別な世界と文化を体験できました。本書は、その西本願寺建築群の類いまれなる魅力を、美麗な写真の数々とともに詳しく紹介。なお、このたびの改訂版では、近年修復された飛雲閣・唐門の写真など、大幅に内容を刷新しています。
(2024年2月)

親鸞聖人のことば
電子書籍あり

親鸞聖人のことば

『教行信証』御自釈を読む

浄土真宗本願寺派総合研究所、浄土真宗本願寺派情報メディアセンター本部
¥1,650(本体¥1,500+税)

親鸞聖人の主著『教行信証(顕浄土真実教行信証文類)』は、「御自釈」と「引用文」で構成されています。本書では、ご自身の言葉で思いを述べられた「御自釈」に着目し、新しく作成した現代語訳(令和訳)に加え、原文や解説を収録しています。親鸞聖人がご自身の時代の中で向き合われてきたことを、現代を生きる私たちはどのように受けとめていくのか。800年の時を超えた、かけがえのないメッセージです。
(2024年1月)

門信徒手帳(2024年版)

門信徒手帳(2024年版)

本願寺出版社
¥880(本体¥800+税)

2024年版の『門信徒手帳』が完成しました。機能性抜群のダイアリーに加え、毎月の法話、仏事作法や仏教用語の解説など、大切な情報をギュッと凝縮した便利な手帳です。注目の表紙は、さわやかポップなライムグリーン×ブルーなど4パターン。気分や季節に合わせ、着せ替えてご活用ください。使い込むほどに深まっていく、門信徒のマストアイテムです。
(2023年11月)

月々のことば(2024年版)

月々のことば(2024年版)

川添 泰信 / 濱畑 僚一 / 長尾 重輝 / 藤川 顕彰
¥1,100(本体¥1,000+税)

2023年が始まったと思ったら、もう10月。今年もあと3カ月になりました。まだ少し早いだろうと思っていた来年の準備も、「そろそろ始めなきゃ・・・」と思うこの頃。本願寺出版社では、毎年おなじみ法語カレンダー2024年版の販売もスタートしています。
このたび、このカレンダーに掲載されたそれぞれの法語を題材に、川添泰信龍谷大学名誉教授ほか3氏による解説書を発行しました。法語の意味、そしてそれぞれの視点からの味わいに触れることで、毎月の法語がよりいっそう輝きを増していくことでしょう。カレンダーとともに、1年間を通して親しんでいただきたい書籍です。僧侶の方には、ご法話の参考にも。
(2023年10月)

別離の悲しみとともに生きる~痛みを知るということ~

別離の悲しみとともに生きる~痛みを知るということ~

浄土真宗本願寺派総合研究所 
¥1,320(本体¥1,200+税)

浄土真宗本願寺派総合研究所主催のシンポジウム「別離の悲しみを考える会」の模様を収録したブックレット。このシンポジウムは、おもに自死・自殺にまつわる別れをテーマに、まずその悲しみの現実を知るというところから始まりました。
自死・自殺に限らず、別離にはさまざまな事情や背景があり、その悲しみもさまざまです。本当の意味では、誰かの悲しみを共有するなど、決してできるものではないのかもしれません。それでも、悲しみに打ちひしがれているとき、その悲しみを一緒に担おうとしてくれる人の存在は、大きな意味があるのではないでしょうか。
別離の悲しみ、そして悲しみと寄り添うことをじっくりと考えていきます。
(2023年9月)

1~5件を表示(全93件)