商品詳細

カレンダー

法語カレンダー(2022年)

(在庫あり)

法語カレンダー(2022年)

よみ:ほうごかれんだー 2022
著者:真宗教団連合
判型:425×148mm
定価:¥150(本体¥137+税)
商品番号:9655

【商品説明】

浄土真宗のみ教えに生きる門信徒の皆さまが、本願を喜び、一日一日をお念仏の薫る家庭にしていただきたいという願いをもって、味わい深い法語が掲載されたカレンダー。
2022(令和4)年の法語カレンダーは「宗祖親鸞聖人に遇う」をテーマとした13法語が選ばれています。

挿絵:榎木 孝明(俳優、水彩画家)

サイズ:425×148mm

掲載法語

【表紙のことば】
  念仏は、まことなき人生のまことを見せしむる光
  正親含英
【一月のことば】
  きょうもまた 光り輝く み仏の お顔おがみて うれしなつかし
  稲垣瑞劔
【二月のことば】
  ふみはずしましたが気がつけばここも仏の道でございました
  榎本栄一
【三月のことば】
  われ称え われ聞くなれど 南無阿弥陀 つれてゆくぞの 親のよびごえ
  原口針水
【四月のことば】
  如来の本願は、風のように身に添い、地下水のごとくに流れ続ける
  平野 修
【五月のことば】
  失ったものを数える人あり 与えられたものに感謝する人あり
  豊島学由
【六月のことば】
  あたりまえだと言うて、まだ不足を言うて生きている
  松扉哲雄
【七月のことば】
  この心も身も全部 如来からのいただきもの
  大峯 顯
【八月のことば】
  我が身を深く悲しむ心に仏法のことばが響く
  宮城 シズカ(豈+頁:環境依存文字)
【九月のことば】
  手を合わせ 仏さまを 拝むとき わたしのツノを 知らされる
  波北彰真
【十月のことば】
  悲しみあるがゆえによろこびあり、煩悩あるがゆえに菩提あり
  伊東慧明
【十一月のことば】
  たとえ一人になろうとも 仏はあなたと共にある
  雪山隆弘
【十二月のことば】
  いただきますと合掌するのは感動の表現である
  米沢英雄



誤植のお知らせ

2月の法語英訳に誤植がありました。詳細については下記お知らせをご確認ください。

真宗教団連合:「2022(令和4)年版法語カレンダー」の誤植について

カートに入れる

【関連商品】